メタボリックシンドロームとは・メタボリックシンドローム予防などの健康に関する情報、ニュースを集めてみました。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタボリックシンドロームとは


メタボリックシンドロームは働き盛りの人に多く、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こします。

心筋梗塞や脳卒中などは動脈硬化が原因の病気です。
動脈硬化を引き起こす危険因子の肥満、高血圧、高血糖、高脂血症のうち3つが重なるとメタボリックシンドロームと呼ばれ、心筋梗塞や脳卒中などの危険が急激に増加します。

動脈硬化性の病気は重症な高脂血症だけでも生じますが、メタボリックシンドロームの場合は個々の危険因子がそれほど重症でなくても起こります。
個々の危険因子がそれほど重症でなくても起こるため注意が必要です。

メタボリックシンドロームの予防には、内臓脂肪が増加する内臓肥満の予防が大切です。
栄養過剰や運動不足によって内臓脂肪が増加する内臓肥満が原因で高血圧、高血糖、高脂血症になります。

内臓肥満の予防は生活習慣の改善が効果的で、タバコを止めて適度な運動と食事に気を使う事で改善されます。
また定期的に血圧と血液検査、体重と腹囲をチェックする事も大切です。

Copyright © 予防重視の健康づくり All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。