FC2ブログ
酢でメタボリックシンドローム予防や改善・メタボリックシンドローム予防などの健康に関する情報、ニュースを集めてみました。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酢でメタボリックシンドローム予防や改善


酢のメタボリックシンドローム予防や改善の効果が、ミツカン中央研究所が行った臨床試験で判ったそうです。この、メタボリックシンドロームに対する酢の効果の臨床試験の結果は、日本栄養・食糧学会大会で発表されます。

臨床試験は、25~60歳の男女175人を対象に実施。リンゴ酢の摂取を1日大さじ2杯分(30ミリリットル)、1杯分(15ミリリットル)、摂らない-の3グループに分け、12週間内の経過を観察、内臓脂肪や血中中性脂肪を比較した。その結果、大さじ2杯のグループでは、内臓脂肪が平均で4・95%減少。血中中性脂肪は23・21%減と、特に大きな効果があった。体重(2・64%減)や皮下脂肪(2・79%減)、腹囲(2・02%減)の数値でも肥満改善の効果が示された。大さじ1杯のグループでも一定の効果があったが、摂取しなかったグループは変化がなかった。

酢のメタボリックシンドロームに対する効果は、酢に含まれる酢酸が体内でクエン酸に変化し、そのクエン酸の働きだそうです。酢には酢酸の他にもアミノ酸なども含まれていますが、アミノ酸もメタボリックシンドロームに対する効果が言われていますね。
この臨床試験の結果をもう少し具体的に書くと、1日30ミリリットルのリンゴ酢の摂取で、内臓脂肪面積が平均約6.72平方センチ減って、これは腹囲にすると平均1.85センチの減少だそうです。こう書くと、ダイエットを考えている人にも気になる結果ですね。さらに血中脂質では、血中1デシリットルあたりの中性脂肪が28.2~42ミリグラム減少だそうです。

これは、例えば塩分を控えるとかのような何かを減らすものではなくて、普段の食生活に1日大さじ2杯分の酢を加えると言う方法ですから、酢が苦手と言う人意外は結構簡単に実行できるのではないでしょうかね。酢の物とか、酢を調味料に使うというちょっとした工夫で出来そうです。酢というと、サラダにかけるドレッシングとかマヨネーズなんかも思いつきますが、こちらは油やコレステロールも一緒ですから+-ゼロと言った感じでしょうか。それでも最近では健康を意識したドレッシングやマヨネーズも市販されていますね。

(引用 Yahoo!ニュースhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090515-00000090-san-soci)

Copyright © 予防重視の健康づくり All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。