FC2ブログ
HbA1c・メタボリックシンドローム予防などの健康に関する情報、ニュースを集めてみました。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HbA1c


糖尿病は血糖値の高い状態が続く病気ですが、血糖値は空腹時は値が低く食後は値が高いなど、採血する時の条件によって値が大きく異なります。これは例えば健康診断の数日前だけ摂生した生活を送ることで、診断時には血糖値が正常値を示すようになったりします。
HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)は、検査する時の条件に左右されずに血糖の状態がわかる値です。

ヘモグロビンは赤血球中に存在する色素で、体に酸素を運ぶ物質です。HbA1cはヘモグロビンにブドウ糖が結合したものです。ブドウ糖は様々な物質に結合する性質があります。体内で作られたヘモグロビンの寿命はおよそ120日、120日後に壊され廃棄されるまでの間血液中のブドウ糖にさらされ、徐々にブドウ糖のくっついたヘモグロビンが増えていきます。ヘモグロビンは約120日で作りかえられるので、HbA1c がどんどん増えていくということはなく、ある一定の割合でつりあいます。この割合を調べるのがHbA1cで、過去1~2ヶ月間の血糖の状態をあらわす値となります。

血糖値はさまざまな条件で変化しやすい、不安定な値です。一方、HbA1cは過去1~2ヶ月の血糖値の変動の平均を表しています。そのためHbA1cは糖尿病治療の目安に使われます。また、糖尿病患者のタイプによっては、空腹時は血糖、尿糖とも正常、食後だけ異常に血糖値が上がるという糖尿病もあります。このような見過ごされやすい状態の糖尿病の診断にもHbA1cは有効です。

HbA1cは血糖と違い、食事などの影響を受けないためいつでも検査ができます。HbA1cの正常値は4.3~5.8%です。HbA1c値が6.5%以上であれば、それだけで糖尿病と診断されます。

Copyright © 予防重視の健康づくり All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。