FC2ブログ
食品とコレステロール・メタボリックシンドローム予防などの健康に関する情報、ニュースを集めてみました。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食品とコレステロール


食品にはコレステロールを多く含む食品のほかに、血中のコレステロール値を上げる食品と下げる食品があります。
高LDLコレステロール血症では、体内のコレステロールを増やしやすい食品を避ける事が大切になります。

コレステロール値を上げる食品として明らかになっているのが飽和脂肪酸です。おもに獣肉類の脂肪がそうで、脂身の多い肉や卵黄、バターやチーズなどが有ります。ポテトチップやチョコレートなどもコレステロール値を上げる食品です。

コレステロール値を下げる食品は不飽和脂肪酸を多く含む食品です。大豆製品、野菜や海藻類、青魚、果物、植物油(ヤシ油とピーナツ油を除く)などです。飽和脂肪酸1に対して不飽和脂肪酸を1.5~2の割合で摂る事がよいとされています。

すでに高コレステロールの人は、コレステロールを多く含む食品も控える必要があります。
人の体には血中コレステロールを一定に保つ仕組みがあります。そのため、栄養バランスのよい食事を心がけていれば、健康な人ならコレステロールを多く含む食品やコレステロール値を上げる食品を無理に減らす必要はありません。
しかし、すでに高コレステロールの人は、この仕組みがうまく働かなくなっていると考えられます。そのためコレステロールを多く含む食品を控える必要があります。
コレステロールを多く含む食品には、エビ、イカ、タコ、卵、魚卵、レバーなどが有ります。

Copyright © 予防重視の健康づくり All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。