FC2ブログ
高脂血症(脂質異常症)とメタボリックシンドローム・メタボリックシンドローム予防などの健康に関する情報、ニュースを集めてみました。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高脂血症(脂質異常症)とメタボリックシンドローム


古くからLDLコレステロールの値と動脈硬化の関係は知られていました。そのためLDLを下げるための治療も古くから行われていました。
しかし治療によって十分にLDLを下げても、動脈硬化性の疾患の発祥が抑えられない事があります。そこで注目されたのが低HDL血症と高中性脂肪血症です。

低HDL血症と高中性脂肪血症は併発しやすく、また中性脂肪の多い人はそのほかの動脈硬化の危険因子の肥満や高血圧、糖尿病なども持っていることが多いため、メタボリックシンドロームとして注目されるようになりました。

メタボリックシンドロームの診断基準では、血液中のHDLコレステロール40mg/dL以下、中性脂肪150mg/dL以上となっていて、LDLに関しては触れられていないのはこのような事からだと思われます。

一方、高脂血症(脂質異常症)の診断基準のLDLコレステロール値140mg/dLについては、メタボリックシンドロームなどそのほかにも動脈硬化の危険因子もある場合、リスクが高いと判断されてリスクに応じて治療目標が120~100mg/dl以下と抑えられます。

メタボリックシンドロームの診断基準にはLDLコレステロール値がありませんが、これはLDLコレステロール値は気にしなくていいという事ではありません。高脂血症(脂質異常症)でメタボリックシンドロームの場合は、LDLコレステロールを下げて高脂血症(脂質異常症)を解消する事が大前提となります。

Copyright © 予防重視の健康づくり All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。