FC2ブログ
コレステロール・メタボリックシンドローム予防などの健康に関する情報、ニュースを集めてみました。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コレステロール


コレステロールは、細胞膜やホルモンの原料となる、健康な体を維持するためには無くてはならない脂質の一種です。悪玉と呼ばれるLDLコレステロールと善玉と呼ばれるHDLコレステロールが有ります。

コレステロールは主に肝臓で作られます。肝臓で作られたコレステロールはそのままでは水には溶けにくいため、リポ蛋白という物質に変化して血流に乗って全身に運ばれていきます。LDLは肝臓から体内で必要とする箇所にコレステロールを運ぶリポ蛋白で、HDLは各細胞から余ったコレステロールを再び肝臓に戻す働きがあるリポ蛋白です。

コレステロールは体に悪いものというイメージが有りますが、コレステロールが悪いわけではなくコレステロール(特にLDL)が増えすぎてしまう事が問題です。LDLコレステロールが増えすぎると動脈の壁にコレステロールが入り込み、動脈を厚く硬くして動脈硬化を起こします。そのためLDLコレステロールは悪玉と呼ばれます。一方HDLコレステロールが多いと、動脈の壁に入り込むコレステロールが減って動脈硬化の進行を遅らせるので善玉と呼ばれます。

最近ではLDLのなかでも超悪玉コレステロールと呼ばれるsdLDLの存在がわかってきました。sdLDLは、サイズがとても小さいLDLで動脈の壁に入り込みやすく、酸化しやすいためさらに悪玉になる、肝臓に取り込まれにくいなどの特徴が有り、強い動脈硬化促進作用があります。

脂質異常症の診断基準として、HDLコレステロール40mg/dL以下、LDLコレステロール140mg/dL以上となっています。今の所、sdLDLについては基準は設けられていません。

Copyright © 予防重視の健康づくり All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。