FC2ブログ
高脂血症(脂質異常症)とは・メタボリックシンドローム予防などの健康に関する情報、ニュースを集めてみました。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高脂血症(脂質異常症)とは


脂質異常症は、これまで高脂血症と呼ばれていた病気です。血液中のLDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪(トリグリセライド)などが異常に多くなる、またはHDL(善玉)コレステロールが少なくなる病気です。放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や脳卒中の危険が高まります。

脂質異常症はほとんど自覚症状がありません。脂質異常症を放置すると脂質が血管壁にたまり血管を狭め動脈が硬くもろくなって動脈硬化が進みます。

高脂血症では総コレステロールが高いことが診断基準の1つでした。しかし血液中のLDLコレステロールが高いほかに、HDLコレステロールが少ない状態も体にとっては問題になります。HDLコレステロールが少ない状態を高脂血症と呼ぶことはおかしいので、高脂血症ではなく脂質異常症と呼ばれるようになりました。

古くからLDLコレステロールの値が高いと動脈硬化が進む事は知られていました。しかしLDLを下げても動脈硬化性の病気になる人がいます。その原因として注目されるようになったのが、HDLコレステロールが低いことと中性脂肪が高いことです。この2つは併発しやすく、メタボリックシンドロームの診断基準にはHDLと中性脂肪いずれかの異常という項目があります。

Copyright © 予防重視の健康づくり All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。