FC2ブログ
糖尿病の合併症・メタボリックシンドローム予防などの健康に関する情報、ニュースを集めてみました。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糖尿病の合併症


初期の糖尿病にはほとんど自覚症状が出ない場合も多く、気づかずに放置していると恐ろしい合併症引き起こしてしまいます。糖尿病の自覚症状には、尿の量が増える、のどが異常に渇く、食べているのに体重が減る、全身の倦怠感などの症状が有りますが、症状がでてきた場合はすでに糖尿病が進行していて悪化していたということも少なくありません。そのため糖尿病では早期発見と早期治療が何よりも大切です。

細小血管障害
糖尿病神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症を、糖尿病の3大合併症と呼んでいます。
高血糖の影響を最も受けやすいのは末梢の神経と細い血管です。そのため糖尿病では手足の神経、目の血管、腎臓に障害があらわれてきます。
これらの合併症は発症までに長い年月がかかります。その間にきちんと血糖値をコントロールすることで、合併症の予防や進行中の合併症の悪化を抑えることができます。

糖尿病神経障害
合併症の中で最も早く症状が出ます。手足の末梢神経だけでなく、立ちくらみや胃のもたれ、下痢・便秘、膀胱障害・勃起障害(ED)など自律神経にも障害が起きさまざまな症状を呈します。

糖尿病網膜症
気がつかないうちに眼底出血を起こし、やがて失明の危機も。成人後の失明の原因の第1位となっています。

糖尿病腎症
腎臓の糸球体や尿細管に障害をおこして人工透析が必要になります。


動脈硬化
動脈硬化による脳梗塞や心筋梗塞、狭心症があります。動脈硬化は糖尿病予備軍にも起こる合併症です。日本動脈硬化学会のガイドラインでは、糖尿病は他の動脈硬化の危険因子3つ分に相当するとされています。

この他にも糖尿病は、高血圧や脂質異常症(高脂血症)、腎臓病を悪化させたり、白内障やさまざまな感染症を発病しやすくします。

Copyright © 予防重視の健康づくり All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。