FC2ブログ
糖尿病の診断基準・メタボリックシンドローム予防などの健康に関する情報、ニュースを集めてみました。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糖尿病の診断基準


糖尿病は、血糖値を測ることで診断します。

糖尿病の診断基準
空腹時血糖値126mg/dL以上、食後2時間血糖値200mg/dL以上のいずれか、または両方を満たす場合は「糖尿病型」と判定されます。
空腹時血糖値110mg/dL未満、かつ、食後2時間血糖値140mg/dL未満の場合は「正常型」と判定されます。
空腹時血糖値110~126mg/dL、食後2時間血糖値140~200mg/dLの場合は「境界型」と判定され、糖尿病予備軍です。
メタボリックシンドロームでは、空腹時血糖値110が診断基準となっています。

初期の糖尿病では、空腹時血糖値は正常でも食後2時間血糖値だけ高くなる傾向があることがわかってきました。食事をとると、血糖値はだれでも上昇しますが、健康な人は食後2時間ほどで食事前の血糖値に戻ります。糖尿病の疑いのある人は、元に戻りにくくなります。

糖尿病と動脈硬化
最近の研究では、空腹時の血糖値よりも食後の血糖値のほうが、動脈硬化の進行とより深い関係があることがわかってきました。また、糖尿病の診断基準は統計的に糖尿病の合併症が起こりやすい値から定められたものですが、動脈硬化の場合は糖尿病予備軍の段階で糖尿病の場合と同じように進行しているという事もわかってきました。

Copyright © 予防重視の健康づくり All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。