FC2ブログ
糖尿病とは・メタボリックシンドローム予防などの健康に関する情報、ニュースを集めてみました。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糖尿病とは


糖尿病とは、血液中のブドウ糖が増えすぎる病気です。糖尿病という名前からすると、尿に糖が出る病気のように思えますが必ずしもそうではなくて、例えば食事前などの比較的血糖値が高くない時には尿に糖が出ないこともあります。

糖尿病は、放っておくとさまざまな合併症を引き起こします。糖尿病はメタボリックシンドロームの危険因子の1つで、心血管疾患を起こすリスクが高くなります。

血糖
食べものや飲みものを消化して作られるブドウ糖は、全身の細胞のエネルギー源です。吸収されたブドウ糖は血液の流れと共に全身に運ばれます。この、血液中のブドウ糖(血糖)がどれくらいあるのかをしめす値が血糖値です。

血液中のブドウ糖を筋肉などの細胞内に取り込み、活動エネルギーに変える働きをするのがインスリンです。血糖を下げたり、ブドウ糖を脂肪やグリコーゲンに変えて、エネルギーとして蓄える働きもあります。インスリンが不足したり働きが悪くなると、ブドウ糖が細胞に取り込まれなくなり血糖値は上がり全身のエネルギーは足りなくなります。慢性的に血糖値の高い状態が続き糖尿病となります。

糖尿病の種類
糖尿病にはいくつかのタイプが有ります。

インスリンを作る事が出来ず、インスリンの量が絶対的に足りなくなって起こる1型糖尿病。
インスリンの分泌不足と作用不足により起こり、次第にインスリンを作る力が弱まっていく2型糖尿病。食事や運動などの生活習慣が関係している場合が多く、日本では95%以上がこの2型糖尿病です。

ほかにも遺伝子異常や、ほかの病気や薬剤の作用による糖尿病や、妊娠糖尿病が有ります。

Copyright © 予防重視の健康づくり All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。