FC2ブログ
血圧・メタボリックシンドローム予防などの健康に関する情報、ニュースを集めてみました。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血圧


全身に栄養分や酸素を送り込むため、心臓は休みなく血液を全身に送り出しています。血圧とは、その血液が血管の壁を押す圧力のことで、心臓が血液を送り出す際の圧力ともいえます。

血圧は、二つの数字で表されます。心臓が収縮し血液を押し出した瞬間に血圧はいちばん高くなります。これを収縮期血圧(最高血圧)と呼びます。収縮した心臓が広がるときは血圧がいちばん低くなります。これを拡張期血圧(最低血圧)と呼びます。

家庭用血圧計の普及で、手軽に血圧を測ることができるようになりました。しかし血圧は、常に一定なわけではありません。時間や環境、そのときの精神状態によって変動していくものです。家庭で毎日の血圧を測定することは、高血圧の予防や改善のために大切なことです。

血圧は、運動しているときやその直後、入浴中、仕事中など、状況によって数値は変動します。また、病院で測る場合と家庭で測る場合で、測定値に差が出ることも良くある事です。これは、家庭ではリラックスして測定できますが病院では緊張してしまったり、通院における運動が影響したりして、病院では血圧値が上がってしまうことが多いようです。逆に家庭で測った血圧の方が病院で測る場合より高い場合、仮面高血圧などと呼ばれていますが、家庭で定期的に血圧を測定することは特に重要になります。

Copyright © 予防重視の健康づくり All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。