FC2ブログ
高血圧とは・メタボリックシンドローム予防などの健康に関する情報、ニュースを集めてみました。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高血圧とは


高血圧は日本人には身近な病気です。高血圧は動脈硬化の引き金になり、脳梗塞などの危険性が高まります。高血圧は病気が進行するまでは自覚症状がほとんどないので、普段からの血圧管理が大切です。

高血圧とは
高血圧とは最高血圧と最低血圧のどちらか一方、または両方が高い状態です。診断基準の値は140/90mmHg以上で高血圧です。メタボリックシンドロームの高血圧の診断基準では130/85mmHgから危険因子とされます。

高血圧の自覚症状を強いてあげると、頭痛、めまい、肩こり、むくみ、動悸などですが、これらは他の原因によるものとの区別がつけにくいため、一概に高血圧による症状とは言えません。むしろ自覚症状はほとんど無いといえ、高血圧に気付いた時はすでに病気が進行していたという事になりかねません。

高血圧の合併症
高血圧は、自覚症状がなく知らないうちに高血圧が進行し、自覚症状が出たときにはすでに合併症が発症、というのが高血圧の怖さです。

高血圧や高血圧によって引き起こされる動脈硬化の合併症は、脳梗塞や脳出血、心肥大や狭心症、心筋梗塞、腎障害、腎硬化症などが有ります。これらの合併症の予防のために、日ごろの血圧管理が大切です。

Copyright © 予防重視の健康づくり All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。