FC2ブログ
肥満の判定基準 BMI(Body Mass Index)・メタボリックシンドローム予防などの健康に関する情報、ニュースを集めてみました。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肥満の判定基準 BMI(Body Mass Index)


肥満の判定基準として、日本肥満学会で採用しているBMI(ボディ・マス・インデックス、体格指数)が有ります。
BMI値は、体重kgを身長mの2乗で割った物です。BMI値は、統計的にもっとも病気にかかりにくい値の22を標準として、18.5~25を普通体重、18.5未満を低体重、25以上を肥満としています。

BMI値=体重kg÷(身長m×身長m)

例えば身長170cm、体重65kgの場合、65÷(1.7×1.7)=約22.5、BMIはほぼ標準となります。

BMI値が25以上で、腹囲(ウエストサイズ)が男性で85cm以上、女性で90cm以上の場合、内臓脂肪型肥満の疑いが強くなります。

欧米人に比べて日本人はインスリンの分泌能力が低く、少しの肥満で糖尿病など生活習慣病になりやすい傾向があります。そのため日本人は、肥満には気をつける必要があります。

Copyright © 予防重視の健康づくり All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。