FC2ブログ
メタボリックシンドロームと肥満・メタボリックシンドローム予防などの健康に関する情報、ニュースを集めてみました。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタボリックシンドロームと肥満


肥満は、さまざまな病気をまねく要因となります。高血圧、糖尿病、高脂血症(脂質異常賞)、高尿酸血症や痛風など、生活習慣病と呼ばれる多くの病気が肥満と関係しています。

ほかにも脂肪肝や膵炎を促進したり、睡眠時無呼吸症候群などにも関係します。大腸がんや前立腺がん、乳がん、子宮がんなどのリスクを高めることもいわれています。

肥満で注目されているのが、高血圧、糖尿病、高脂血症(脂質異常賞)などの生活習慣病との関係です。これらの生活習慣病は血管を老化させ動脈硬化を早める原因になります。その結果、血液が流れにくくなり心筋梗塞や脳卒中などの危険が高くなります。

肥満に、これら高血圧、糖尿病、高脂血症(脂質異常賞)が重複して発症すると、メタボリックシンドロームとなり、いっそう心筋梗塞や脳卒中などの危険が高くなります。

Copyright © 予防重視の健康づくり All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。