FC2ブログ
メタボリックシンドロームの診断基準・メタボリックシンドローム予防などの健康に関する情報、ニュースを集めてみました。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタボリックシンドロームの診断基準


メタボリックシンドロームの診断基準は、ウエストサイズ 男性85cm以上 女性90cm以上 、中性脂肪値 150mg/dl以上 HDLコレステロール値 40mg/dl未満(いずれか、または両方)、収縮期血圧(最高血圧) 130mmHg以上 拡張期血圧(最低血圧)  85mmHg以上(いずれか、または両方) 、空腹時血糖値 110mg/dl以上となっています。

ウエストサイズの診断基準
メタボリックシンドロームの診断の基本は、内臓脂肪の蓄積状態です。内臓脂肪の蓄積状態を知るための目安としてウエストサイズを測ります。リラックスした状態で立ち、おへその高さの腹囲を測定します。

ウエストサイズは、男性85cm以上、女性90cm以上がメタボリックシンドロームの診断基準ですが、あくまで内臓脂肪の蓄積状態を図るための目安ですので、この数値を参考に中性脂肪やコレステロール、血圧、血糖などの診断をします。
内臓脂肪型肥満が多い男性は厳しく、皮下脂肪型肥満の多い女性はゆるい数値となっています。そのため女性はもう少し早い段階から注意が必要とする見解もあります。

中性脂肪値、HDLコレステロール値の診断基準
メタボリックシンドロームの中性脂肪値、HDLコレステロール値の診断基準は、中性脂肪値150mg/dl以上、HDLコレステロール値40mg/dl未満となっています。これにLDLコレステロール値140mg/dl以上という項目を加えたものが脂質異常症の診断基準となっています。

血圧、血糖値
メタボリックシンドロームの血圧と血糖値の診断基準は、それぞれ高血圧や糖尿病の診断基準より少し低く、高血圧や糖尿病の予備軍を含める設定になっています。


メタボリックシンドロームの診断基準は、あくまで目安という事になっています。診断基準に該当したからといって、すぐに治療が必要とは限りません。
メタボリックシンドロームの診断基準に該当した場合は、医師の診断を受けて生活習慣の見直しや治療などのアドバイスを受ける事になります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。