FC2ブログ
メタボリックシンドロームの危険因子、高脂血症(脂質異常症)・メタボリックシンドローム予防などの健康に関する情報、ニュースを集めてみました。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタボリックシンドロームの危険因子、高脂血症(脂質異常症)


脂質異常症は以前は高脂血症と呼ばれていました。日本動脈硬化学会の「動脈硬化性疾患予防ガイドライン 2007年版」では、高脂血症を脂質異常症に置き換える方針が打ち出されています。

高脂血症では、総コレステロール値が高いと冠動脈疾患の発生リスクが高まると考え、総コレステロール値を診断基準の1つとしています。

しかし、発生リスクが高いのはいわゆる悪玉といわれるLDLコレステロール値の高い場合で、逆に善玉といわれるHDLコレステロール値は低いと良くないことがあきらかになっています。

また、総コレステロール値だけでは、HDL(善玉)コレステロール値が高い場合も含まれてしまうため、HDL(善玉)コレステロール値とLDL(悪玉)コレステロール値、それぞれに基準が設けられました。

さらに、HDL(善玉)コレステロール値が低い場合も高脂血症と呼ぶのは適当でないという事から、脂質異常症と呼ばれるようになりました。

高脂血症という疾患名が依然広く普及している事から、当ページでは高脂血症(脂質異常症)と表記しています。

Copyright © 予防重視の健康づくり All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。