FC2ブログ
メタボリックシンドロームの危険因子・メタボリックシンドローム予防などの健康に関する情報、ニュースを集めてみました。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタボリックシンドロームの危険因子


メタボリックシンドロームの危険因子の、肥満、高血圧、糖尿病、高脂血症(脂質異常症)には密接な関係があります。

肥満、とくに内臓脂肪型肥満になると、他のメタボリックシンドロームの危険因子の高血圧や糖尿病、高脂血症(脂質異常症)を併発しやすくなり、肥満が進むと他のメタボリックシンドロームの危険因子も悪化しやすくなります。
肥満に、高血圧、糖尿病、高脂血症(脂質異常症)が併発すると動脈硬化の危険が高まり、心筋梗塞などにつながります。

肥満にメタボリックシンドロームの危険因子どれか1つが重なると、心筋梗塞などのリスクが10倍に、メタボリックシンドロームの危険因子2つ以上が重なると30倍にもなります。

高血圧予備軍、糖尿病予備軍、高脂血症(脂質異常症)予備軍の場合でも、併発する事で相乗的に心筋梗塞などを起こす危険性が高くなる事から、メタボリックシンドロームに対する関心が高まっています。

Copyright © 予防重視の健康づくり All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。