FC2ブログ
カレーでメタボ予防・メタボリックシンドローム予防などの健康に関する情報、ニュースを集めてみました。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレーでメタボ予防


カレーに含まれるスパイスのフェヌグリークの、メタボリックシンドローム予防効果が発表されました。

2008年4月から特定健康診査の対象となったメタボリックシンドローム。食生活を見直しに関心が集まる中、カレーに含まれているスパイスがメタボ予防に有効とする研究が08年4月16日に都内で発表された。

「カレーに含まれるスパイス・フェヌグリークがメタボ予防につながる」と述べたのは京都大学大学院農学研究科の河田照雄教授。同教授によれば、「フェヌグリークは、肥満に伴う血糖値、血中性脂肪の上昇を抑制する。さらに、非常に驚いたことに、脂肪肝も抑制することが認められる」というのだ。

カレーにはフェヌグリークのほかにも脂肪分解を促す酵素をつくりだターメリックも含まれています。
フェヌグリークについては「カレーは健康食?」というタイトルで以前にも紹介しましたが、その時に紹介した研究の続報のようですね。血糖値、血中性脂肪のほかに脂肪肝に対する効果もあるようです。
フェヌグリーク、ターメリックとも、サプリメントなどでも利用されているようですね。

メタボリックシンドローム予防に効果のある成分が含まれているとはいえカレーばかり食べるわけにも行きませんが、肉を食べたい時などはカレーにすると良いかもしれませんね。日本式のカレーではなく、インド料理も良さそうです。

(引用 Yahoo!ニュースhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080416-00000001-jct-soci)

Copyright © 予防重視の健康づくり All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。