FC2ブログ
コレステロール値、悪玉÷善玉を目安に・メタボリックシンドローム予防などの健康に関する情報、ニュースを集めてみました。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コレステロール値、悪玉÷善玉を目安に


血中の脂質異常の管理に、LDLコレステロールとHDLコレステロールの比を目安にすることが提案され注目されているようです。

心筋梗塞(こうそく)や脳梗塞を引き起こす動脈硬化。その予防に欠かせないコレステロール管理の目安として、「悪玉」と呼ばれるLDLコレステロール値を「善玉」のHDLコレステロール値で割った数値が注目されている。
LDLとHDLのバランスの善しあしを一目で把握できるのが利点で、専門医は「生活習慣の改善や医師の指導を受けるきっかけとして活用してほしい」と呼びかけている。

よく悪玉や善玉と呼ばれるLDLコレステロールとHDLコレステロールですが、どちらも大切な働きがある体内で必要な物です。多すぎたり少なすぎたりしてバランスが崩れると、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす動脈硬化につながります。
脂質異常症の診断は、LDLコレステロール、トリグリセリド、HDLコレステロールなど、それぞれ診断基準があります。しかし、一般の人には診断基準をすべて覚えるのは大変ですし意外と分かりにくく、管理する事は大切ですが面倒に感じたりしますね。

LDLコレステロール÷HDLコレステロールの値が2・5以上なら要注意、健康な人なら2・0以下、糖尿病や高血圧を持っている人は1・5以下が目標だそうです。
脂質異常症はもとより、糖尿病や高血圧を併発している場合でも、過去の検査時からのLDLとHDLの値の変化をそれぞれ比べるよりも悪玉÷善玉の値だけで目安と出来るので分かりやすいですね。

(引用 Yahoo!ニュースhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080409-00000943-san-soci)

Copyright © 予防重視の健康づくり All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。