FC2ブログ
マグロペプチドに血圧降下作用・メタボリックシンドローム予防などの健康に関する情報、ニュースを集めてみました。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マグロペプチドに血圧降下作用


マグロの血合肉から作られたマグロペプチドに血圧降下作用があると発表されました。

「はごろもフーズ」(静岡市)と「焼津水産化学工業」(焼津市)は31日、食品としてあまり活用されていないマグロの血合肉から精製できる成分「マグロペプチド」に血圧を下げる作用があることを確認したと発表した。

実験では高血圧のラットにマグロペプチドを摂取させると、食後約6時間で血圧が降下した。短時間での血圧降下作用が実証されたのは初めて。

 血合肉は魚の普通の筋肉部分よりも暗赤色をした部分。マグロからツナ缶詰を製造する際に生じるが、生臭いなどの理由でペットフードなどに回されていた。しかし、マグロ価格の上昇を受け、両社は共同で有効活用を研究していた。


簡単に言うとペプチドとはタンパク質が分解されたものです。タンパク質はたくさんのアミノ酸が結合して出来ていますが、そのタンパク質が完全に分解された状態ではなくて数個のアミノ酸が結合した状態のものがペプチドです。
タンパク質はそのままでは体内で吸収できず、アミノ酸に分解されてから吸収されます。ペプチドはタンパク質と違い素早く吸収され、また単体のアミノ酸より多くの栄養素を持っています。
ペプチドは効率よくアミノ酸を吸収できるという特徴のほかに、アミノ酸ともタンパク質とも異なる生理活性作用があり、さまざまな健康効果が期待されています。大豆ペプチドなどは有名ですね。

マグロペプチドで血圧降下作用という事ですが、マグロの血合肉から精製ですから原料が安価という事に注目したいですね。このニュースでは、どうして血圧を下げる作用があるのかとか解りませんし、ラットによる実験だけのようなので、更なる研究を期待したいものです。
いずれはマグロペプチドを利用したサプリメントなどが発売されるのでしょうね。

(引用 Yahoo!ニュースhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080401-00000001-san-l22)

Copyright © 予防重視の健康づくり All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。