FC2ブログ
ビタミンE・メタボリックシンドローム予防などの健康に関する情報、ニュースを集めてみました。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビタミンE


ビタミンEは、抗酸化作用をもつ脂溶性のビタミンで、必須栄養素の一つです。ビタミンEは穀物、緑葉植物、海藻類、野菜、種子類、魚類、肉類などに幅広く含まれています。

ビタミンEの抗酸化作用により、不飽和脂肪酸から過酸化脂質が出来る事を防ぎ、生活習慣病や老化と関連する疾患を予防することが期待されています。

ビタミンEは、抗酸化作用を持つ代表的な栄養成分のビタミンCやベータカロチンと組合せていっしょにとると効果的です。
ビタミンEの1日の所要量は成人男性10mg、成人女性8mg、妊婦10mg、授乳婦11mg、上限は600mgです。今まで、過剰症はないとされていたビタミンEですが、最近では過剰摂取の危険性などもいわれているようです。ビタミンEの1日の所要量の上限を267mgとする論文も有るようです。




Copyright © 予防重視の健康づくり All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。