FC2ブログ
睡眠時間と生活習慣病の関連・メタボリックシンドローム予防などの健康に関する情報、ニュースを集めてみました。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

睡眠時間と生活習慣病の関連


寝不足や寝過ぎが生活習慣病の危険を増やすようです。

寝不足や寝過ぎは、動脈硬化につながる高脂血症、高血糖、肥満といった生活習慣病になりやすいことが12日、日大医学部の兼板佳孝専任講師(公衆衛生学)らの疫学研究で分かった。

同講師らは、(1)2005年の地域住民の健診データ約1000人分(2)03年国民健康・栄養調査データ約4000人分(3)職場健診のデータ約2万2000人分-を分析、睡眠時間と高血糖などとの関連を調べた。

その結果、住民健診では血糖レベルを表す「HbA1c」の値が、睡眠6時間未満と8時間以上で高かった。また、国民健康・栄養調査では、女性の場合に中性脂肪が睡眠6~7時間で最も低く、それより短いか長いほど高かった。動脈硬化を抑制する働きがある「善玉コレステロール」の値は、6~7時間で最も高い傾向を示した。


睡眠と生活習慣病の関係はこれまでもよく言われていましたが、こうして疫学調査での結果がでると意識しないわけには行きませんね。

睡眠時間が5時間未満だと5時間以上に比べて肥満の人が約1・4倍、高血糖や脂質異常も同様の傾向だそうです。肥満、高血糖、脂質異常と来ると、あと高血圧でメタボリックシンドロームの危険因子全てが揃う事になりますね。

これらは重複する事で動脈硬化の危険が一層高まる事から、メタボリックシンドロームとして注目されるようになりました。寝不足や寝過ぎが肥満、高血糖、脂質異常に関係すると言う事で、良い睡眠はメタボリックシンドロームの予防に重要なのですね。普段から良い睡眠には気をつかいたいですね。

(引用 Yahoo!ニュースhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080312-00000114-jij-soci)

Copyright © 予防重視の健康づくり All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。