FC2ブログ
八尾若ゴボウにルチン・メタボリックシンドローム予防などの健康に関する情報、ニュースを集めてみました。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八尾若ゴボウにルチン


八尾若ゴボウにルチンが豊富に含まれていることが解ったそうです。

府環境農林水産総合研究所と大阪市立大学は、八尾市を中心に生産されている大阪特産の「八尾若ゴボウ」の葉に、機能性成分「ルチン」が高いレベルで含まれていることを発見した。
八尾若ゴボウの葉身中のルチンは冬から春にかけて増え続け、3月中旬以降は乾燥した葉1グラム当たり16~20ミリグラムに達するという。

若ゴボウは根から葉まですべて食べることができるそうで、天ぷらや煮浸しやあえ物が美味しいそうです。ゴボウの葉は、今まであまり食べるという感覚が無かったのですが、八尾若ゴボウを食べてみたくなりましたね。

ルチンは毛細血管を強化し血流をスムーズにする働きがあるといわれていて、高血圧や動脈硬化に効果が期待されています。そのほか、心臓病、冷え性、肩こりの予防・改善、新陳代謝の促進などの効果も言われていますね。

ゴボウには食物繊維も豊富ですし、カリウムやカルシウムなども含まれていてメタボリックシンドロームに対する効果も期待できそうです。ゴボウはもともと薬草として日本に伝わった物ですから、健康効果も大きいのでしょうね。

(引用 Yahoo!ニュースhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080131-00000942-san-soci)

Copyright © 予防重視の健康づくり All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。