FC2ブログ
キャッツクロー・メタボリックシンドローム予防などの健康に関する情報、ニュースを集めてみました。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャッツクロー


キャッツクローは、鎮痛効果、抗炎症作用、免疫力向上の効果などが有るといわれています。

キャッツクローの樹皮には6種類のアルカロイド、イソテロポデイン、テロポデイン、イソミトラフィリン、ミトラフィリン、イソリンコフィリン、リンコフィリンが含まれています。アルカロイドは、免疫力を高める効果や身体に侵入した細菌やウイルスを殺し、ガン細胞などを増殖させない働きを持っていると言われています。

キャッツクロー摂取による副作用は報告されていません。キャッツクローには薬による副作用を取り除く働きもあり、薬と併飲することができます。ただし女性の場合、妊娠中や授乳期の摂取は避けましょう。





Copyright © 予防重視の健康づくり All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。