FC2ブログ
肥満・メタボリックシンドローム予防などの健康に関する情報、ニュースを集めてみました。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糖尿病の合併症


初期の糖尿病にはほとんど自覚症状が出ない場合も多く、気づかずに放置していると恐ろしい合併症引き起こしてしまいます。糖尿病の自覚症状には、尿の量が増える、のどが異常に渇く、食べているのに体重が減る、全身の倦怠感などの症状が有りますが、症状がでてきた場合はすでに糖尿病が進行していて悪化していたということも少なくありません。そのため糖尿病では早期発見と早期治療が何よりも大切です。続きを読む
スポンサーサイト

ゾーンダイエットの提唱者、バリー・シアーズ博士


ゾーンダイエットは、炭水化物、タンパク質、脂肪の三大栄養素を4対3対3の比率でバランス良く取るというダイエット法で、約25年前から米国の生化学者、バリー・シアーズ博士が提唱しています。
“○○抜きダイエット”などというものと違い、偏った食事法などではないので、お勧めのダイエット法だと思います。

ゾーンダイエットは、体内のホルモンバランスを良くして脂肪が燃えやすい体質になり、思考能力や運動能力も増すと、シアーズ博士が主張しています。

ゾーンダイエットを提唱するバリー・シアーズ博士が、先日来日しゾーン理論を説明した会見を開きました。続きを読む

肥満はがんになる危険性を高める


肥満はがんになる危険性を高めるという調査報告があるようです。がん発症の危険性を下げるには、BMI値を20~25に保つのが望ましいそうです。

世界がん研究基金(ロンドン)は、太りすぎが、乳がんや膵臓(すいぞう)がんなど、6種類のがんになる危険性を高めるという調査報告をまとめた。続きを読む

健康器具の振動マシンが人気


ダイエットやメタボリックシンドローム予防に適度な運動が大切です。メタボリックシンドローム予防には、ウォーキングがお勧めですが、体力に自信が無かったりウォーキングの時間が取れない方などに、こんな健康器具が人気のようです。

ブルブルと細かく震える板に乗って体を鍛える健康器具の振動マシンが人気となっている。短い時間で豊富な運動量を体感できるとの触れ込みでダイエットに励む女性の利用が多く、スポーツジムやスーパー銭湯でも設置が増え、専用のスタジオも京滋で急増中だ。続きを読む

20歳時より10キロ太ると心疾患リスク2倍


肥満予防は大切なのですね。やせていた男性が10キロ以上太ると、心疾患のリスクが2倍になるそうです。

20歳のころにやせていた男性が10キロ以上太ると、心筋梗塞(こうそく)などの虚血性心疾患の発症率は、体重の変化が少なかった人に比べ、約2倍になることが、厚生労働省研究班(主任研究者=津金昌一郎・国立がんセンター予防研究部長)の大規模調査でわかった。続きを読む

Copyright © 予防重視の健康づくり All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。